プロフィール

Author:Lalana
いらっしゃいませ!! 
仕事は投資関係です。
一日、本一冊、映画一本、習い事一つを習慣にしてます
しかも、まず誰にも負けないワーカホリック
そのヒミツは・・?

寝ないんです。
あまり寝ないですむ体に、改造しました

よろしくお願いいたします


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新月会 泡編

新月会も、すっかりレギュラーとして、定着しました。
こちらのメンバーも負けず劣らず、こいぃーです。

でも、不思議なことに、会によって、性格がすごく出るんですよね。
この新月会は、圧倒的に、食関係が多い。

パティシエさんに、お料理の先生も多数、お料理教室掛け持ちの人、
すごいグルメ、それから、ざるな人(笑)

なので、食事を作るのに、緊張しちゃいます。
ダメだしされないかと・・

本当は真夏にやろうと思ってた泡の会
私のシンガ旅行で、秋になってしまいました。
そういえば、秋にやるなら、クリスマスまでとっとけば良かった
と、後で思い当りましたが・・


P1010898.jpg

P1010899.jpg

P1010900.jpg

シャンパーニュは3本です。
普段、高いシャンパーニュで冒険はしたくなく
無難にブリュットの有名どころを買っちゃうと思ったので、
この機会に、甘口と、それから、めずらしい、ピノムニエのシャンパーニュを。
そして、サディマロのミレジムを。

酒飲みのメンバーでしたが、意外にも甘口が好評だっよね?

P1010901.jpg

P1010903.jpg

P1010902.jpg

テイスティングが終わってからは、いつもの飲み会。
ワインから、ハイボール、ジン、ビールとあらゆるアルコールが
飛び乱れました。

私も酔っぱらってしまい、終電時間なのに、「帰らないでよー」
と、皆さんを困らせたみたいで・・。

次も楽しみ。
スポンサーサイト
長期旅行から戻ってきてから、まっさきにやったのは満月会。

2カ月ぶりの懐かしい顔で、うるうるでした。

久しぶりに会ったお祝いを兼ねて、テーマは泡です。
この会は、ナント飲めない美女ばかりなので、甘めのチョイスです。

泡って、酔っちゃうのよねー。
でも、本当に楽しかった。
みんなのこの2カ月の出来事にキャッチアップするために
この日も、夜中中、ずーっと飲み明かしました。
次の日は一日使い物にならなかった・・。
でも、こういうのもたまにはいいですよね♡

やっぱり満月会の女子飲みは、私の生活の一部
もう、無くてはならないよ。

P1010891.jpg

P1010892.jpg

P1010893.jpg

P1010894.jpg

P1010895.jpg

シャンパーニュは、ロスチャイルドのシャンパーニュ進出ワインを。
P1010896.jpg

この会を皮切りに、泡が続いたのでした・・。



ホストクラブ

前に書いた、大人の社会科見学部も活動してますよ。
ゲイバーに続く、第2弾は、ホストクラブに行ってみました。

ホストクラブにはティーンのときに一度行ったことがあります。
かわいがってもらっていたお姉さんの好きになった人がホストで
訳も分からず、連れて行ってもらったのですが、
その彼氏と言うのは、どうしてこんなところに・・と思うほどの
見たことも無いようなハンサムで、危ない雰囲気を醸し出していて、
子供ながらに、こんな人を好きになっちゃいけないのに・・と、思ったものです。
それからすぐに、そのお姉さんからは連絡がこなくなったという
悲しいお話でした。

その日の朝、ダーリンに、「今日は大人の社会科見学部で
ホストクラブに行ってくるよ」と言ったら
「今日、飲み会で、みんなに言いつけてやる」と言われました。

初めてで勝手がわからないし、怖いから、一番の有名店に行こうということで
テレビでも良く出ている、クラブ愛へ。
お店の前にたどり着いてから、しばらくの間、入る勇気がなく
うろうろしてしまいました。

一歩入ってみると・・
DSCF0673.jpg

天井に隙間なく、シャンデリアが埋め込まれていて、目がチカチカします。
ゴージャスというより、派手派手です。
ハトバス観光の人たちが来てました。

DSCF0672.jpg

ホストさんたちが、入れ替わり立ち替わり。

ちゃら男は苦手なので、辟易するかと思ったら
意外にちゃんとしたこと話してくれて(失礼)
思ったよりも大丈夫でした。
ゲイバーのときも思いましたが、夜の仕事の方たちの
会話力って、すごいですね・・。
でも、ところどころで、手の内が感じられましたが(笑)

有名オーナーの愛田社長さんもテーブルに来てくれましたよ!
客層は、時間が早かったからか、マダムが多かったです。
たくさんの物語が作られそうな場所でした。
でも、今回、色々ホストクラブのことを聞いて、怖い話もたくさんあるんですって・・。
きをつけてね。
若干2名はまりそう・・などと言っていて、かなり心配しましたが
大丈夫だったみたい。

お店を出て、途中にあった、中華料理店で反省会。
行きあたりばったりで入った割にはおいしくて
お店の名前を覚えてないのが、悔やまれます。
DSCF0674.jpg

この店にいるとき、お礼のメッセージが全員の携帯に入り、さすがですなー。
私も携帯買っとけばよかったかな~(笑)

帰ると、ダーが、飲み会のみんなに言いつけたら、みんなに
「どうして!?」と、深刻に心配されたそうです。
なんでだ? ホストクラブは冗談にはならないのかな?

なので、報告にこのブログに書くのも、ちょっと心配。
シンガポールのホテルの記事をいつ書くの~
というご意見を、数件いただきましたので
シンガポール2009というカテゴリーを作って
一つづつ書いていこうと思います。

今回も、かなり頻繁にホテルを変えました。
ま、どこへ行くにもタクシーでひとっ走りのシンガポールですから
手間はまったくかかりません。

今回は、好みではなくて、泊った順にご紹介します!

シンガポールに夕方着いて、一番最初に泊ったホテルは
スターウッドグループの最高峰ブランドである
セント・レジス・シンガポールです。

結果的に、この、最初のホテルが、今回の一番のお気に入りホテルとなりました。

新しいホテルなので、どこもかしこもピカピカ。
スタッフの皆様も素晴らしく、設備もゴージャスで、ツボなサービスも多く
ここは、シンガポール定宿に決定。

スイート
P1010139.jpg

24時間、いつでもバトラーさんが、何十種類ものセレクションから選べる
お紅茶を持ってきて下さいます。
ティーセットで自分で入れる必要も無く、これは嬉しい。
バトラーサービスで24時間お茶を持ってきてくれます

ゴージャススパ
裸で入っていいんですよね?と、スタッフに確認したのに
入ってくる人、入ってくる人、水着で、かなり肩身の狭い思いをしました。
負けじと次の日も裸で入っていると、今度は水着で来た人が、私を見ると
戻って水着を脱いで戻ってきました。
二人の裸の先客を見て、次からのゲストは、みな同じように、
一度戻って、裸になってから入ってきました。
二人目のゲストの行動が次のゲストの行動を決めるのねー。
面白かったです。
そして、ここのスパは最高です。
ST.REGISのジャクジー

私は、スパ通いで、一度も使わなかった、
お部屋の猫足バス。
P1010140.jpg

毎晩、ゲストが招待される、ワインバーでのワインテイスティング会。
けっこう、良いワインが出て来ましたよ。 
チーズなんかのおつまみもあって、かなり嬉しいサービスです。
又、DECANTERのワインテイスティングへ

レストラ使用は朝食だけでしたが、天井の高い、優雅なレストランで、おいしかったし、
館内の調度品も素敵だったし、
スタッフはみな親切。
とても良かったです。
かなりおすすめ。
最近、カジュアルワイン会ばかりになってしまっていました。
久しぶりに、グラン・ヴァンの会を。
しかも、気合いを入れて、みんな大好きブルゴーニュです。

ブラインドでしたが、あっちこっちで、あら、これはシャンボールミュジニーね、とか
ジュヴシャン?とか聞こえて、あなたたち一体何者?という感じです。

稼いでは、全部ワインにつぎ込んでしまう、幸せな人たちです・・。

3本、古めのものを。
それぞれ、特徴が良く出ていたと思いました。

P1010955.jpg

P1010956.jpg

P1010957.jpg

そして、ちょっと、真中にいたずらでこちらを入れてみました。
フェルトンロードはブルゴーニュスタイルをうたっているので、どうかな?と思って。
もちろん、違いは一発で分かるほどです。
が、これは本当においしいワインですよ。
下手なブルゴーニュだったら、こちらがいいです。
ブルゴーニュは、高くても、平気ではずれるからねー(涙)

P1010958.jpg

ここから、3本が、偉大な2000年の水平です。
ブルゴーニュは、私は、かえって、若目の方が好きかも。
偉大なワインの偉大なヴィンテージで、最初は全然、口をきいてくれない感じですが
徐々に花開いていくような、変化を楽しめるのもいいな。

P1010959.jpg

同じヴィンテージ、作り手で、テロワールの違いを一番確認できました。

P1010961.jpg

ラ グランド リュは、ヴィンテージは覚えてないのですが、
ワインを飲み始めたすぐの頃、ダーと良く行くワインバーで、
初めて飲みました。
その頃は、二人の好みがまったく違っていて、いつも意見が合わなかったのですが
これを一口飲んだら、二人で顔を見合わせた位、おいしく
おいしいものは、好みを超えておいしいぞと、思い知った一本。
もう一度、試してみたくて、今回最初に決めた一本です。
ロマネ コンティとラ ターシュに挟まれたモノポールです。

P1020006.jpg

そして、この日の乾杯シャンパーニュは、セロスの妹の作ったこちら。
かなり良いです。 美しいです。

P1010962.jpg

そして、飲み会へ。
今日も最高に楽しかったです。
初めて来てくれる人が、必ず言って下さるのが、
みんないい人ばかりで、飲み過ぎちゃったというお言葉。
ほんと、そうです。 うちのワイン会の最大の自慢です。
ありがたや、ありがたや。

よく、なんでワイン会やってるの?と聞かれますが
もちろん、おいしいワインを好きな人と飲みたいからです。
ワインって、絶対に比べるのが一番ですよね。
でも、高いし、アルコールだし、そんなにいっぺんに飲めないので
人を集めた方がいい。
が、私はお酒が強くないので、レストランワイン会が苦手です。
大抵、一番いいものが、一番後に出て来ますよね?
その頃には私はもう、テイスティングどころではなく、
良いワインを飲む資格無し状態になってるもんで・・。
酔う前に、一番のワインを出してもらいたーい。
それ以上に、いっぺんに出してもらえたら、もっと最高。
それを、比べながら、ちびちびしたい。
まだ、マリアージュを考えるレベルじゃないのでワインに集中したいし。
そして、その後の、飲み会。
うちでやれば、時間とか、考えないで、好きなだけ
大好きな人たちとリラックスして飲めるし。
やっぱり、うちのワイン会が、何て言ったって、最高です。
みなさんが、いつも来て下さるからです!
ありがとう。 これからも、よろしくお願いします。
なんか、長文になっちゃった。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。