プロフィール

Lalana

Author:Lalana
いらっしゃいませ!! 
仕事は投資関係です。
一日、本一冊、映画一本、習い事一つを習慣にしてます
しかも、まず誰にも負けないワーカホリック
そのヒミツは・・?

寝ないんです。
あまり寝ないですむ体に、改造しました

よろしくお願いいたします


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久し振りに心の底から感動しました。 心が洗われました

渋谷でニューオープンの中華屋さんが1週間サービスで
全部半額だという情報をいただき、
久し振りのJちゃんと行って来ました。

ニューオープンだというのに、お客さんが全然来ない。
そりゃそう、宣伝を全然してないんですよね、
しかもビルの4階だというのに、下でも何も分からない状態。

でもお店の女性のホスピタリティが本当に素晴らしく、感動モノだったので
他のお客さんもいないし、話しかけてみました。

聞くと、中国から来て、家族でやっとの思いで、バタバタとお店を
オープンしたので、宣伝する余裕が無かったと。
不安でいっぱいだけど、これから少しづつ良くなっていくことを
信じて、とにかく頑張ると言う。
この秀美(シュウメイ)さんが、話せば話すほど、涙モノの良い人なんです。
言動の一つ一つが、感謝にあふれていて、愛でいっぱい。
以前、とあるチェーンの定食屋さんで、バイトの女の子に感動のサービスをされた事があり
この人と働きたい!と思い、ナンパした事があるんです
ちなみに彼女は今、殺伐とした電磁波充満のオフィスの太陽です。ありがとう。
サービスにここまで心動かされたのは、その時以来2度目
でも、彼女は自分のお店だから、又、お願いする訳にもいかず、これはもう
彼女のホスピタリティを学ぶために、通うしかないな。

小さな子供をお国に残し、異国でお店を持ち、終電で川口の自宅まで帰り
午前は別の仕事をして、又、お店に戻るそうです。
私はちょっと元気のない時に見る、ある中国人のドキュメンタリーがあるのですが
それを思い出しました。
父が娘に教育を受けさせたくて、日本で十何年も一人で馬車馬のように働くんです。
お金がもったいないから、中国に帰る事もせずに。
文句一つ言うどころか、日本に感謝しながら。
何度見ても、号泣のドキュメンタリーなんですよ、
それを見ると、自分が恥ずかしくなる。 そしてパワーをもらえるんです。
彼は私の心のヒーローです。 このドキュメンタリーは私の宝物。
中国人、すごいぞ。

肝心のお料理も本格的でとてもおいしいです、そしてリーズナブルです。
ここぞとばかりにふかひれや、伊勢えびのチリソースなど高級料理をいただきました
DSCF0473.jpg
点心もおいしいし、おすすめです

帰りに、なんだか、もとからリーズナブルなお料理を、更に半額でいただくのが
ちょっと、申し訳なくなり、お祝いを渡したんです。
でも、がんとして受け取って下さらないの、ひっこめられないよと言っても・・
又、来て下さる方がずっと良いと言って。 
来ますとも、おいしいお料理と、あなたに会いに!

シュウメイさんとパパとシェフの皆さん
DSCF0476.jpg

まだホームページもありません
鳳美居酒屋 香港海鮮料理
道玄坂1-7-1 グローリアビル4階
tel 5458-9878
渋谷駅西口の三井住友と横浜銀行の間の道を入り、
最初の四つ角の左奥のビルの4階です
11日オープンで一週間半額だそうです。

シュウメイさんにノックアウトされに行ってみて下さい!





スポンサーサイト

一流の才能

さすがに年度末で忙しく仕事以外の事、最近やれてません・・
まあ季節モノでずっとではないので、いいのですが。もうすぐ終わるし。

そんな中、ダーリンと来日したビヨークのコンサートに行ってきました

ダーリンとは音楽の趣味が違うので一緒にコンサートとか
数える位しか行った事ないのですが
(お互い、あえて付き合わないことにしてます。
それをもっとappreciateできる人と、もしくは一人での方がいい)
ビヨークは彼の三大お気に入りの中で唯一、私も感動したので
是非、生を聞いてみたい!と思い、チケット2枚購入。
いつも彼が聞いているCDで、その圧倒的な歌唱力にいつも鳥肌たってたので。

さすがにすごかったです。
あの小さな体であのパワーある歌声・・
でもやはり武道館は大き過ぎるな、
彼女の歌をブルーノート位の箱で聞きたい。ありえないけど。
ステージ中をちょっと変わったダンスで走り回るビヨークは
純粋そのもののように思いました
いい意味で、ちょっと普通じゃないなと。
やはり天才なんだろうな。

今年は、たくさんの一流の芸術が見たいです
そのために、多少投資するつもりもあるぞ!
一枚の絵を見るために飛行機に乗っちゃうぞ!

帰りは近くのインド料理屋さんムンバイへ。
インドビザを取りに大使館へ行くときに見かけていたので。
電話すると「全然だいじょうぶでーす」と。
行ってみると、ほんとにガラガラでちょっと心配。
でも入って5分、広めの店内は瞬く間にビヨーク帰りと思われる人々で
埋め尽くされたのです。 グッドタイミングでした。
お料理もおいしかった。

ビールで乾杯
DSCF0457.jpg
湯気のたったタンドーリ
DSCF0458.jpg
巨大ナン
DSCF0459.jpg
カレー
DSCF0460.jpg

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。